手術給付金とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










手術給付金とは何ですか?

がん保険は、がんだけを保障してくれる保険です。

主な保障内容には、がんと診断された時に受け取ることが出来るがん診断給付金、さらにがんの治療のために入院した時に受け取ることが出来る入院給付金、がんの手術をした時に受け取ることができる手術給付金、さらに、抗がん剤などの通院治療をした時に受け取ることができるのが通院給付金です。
一般的な医療保険では、入院給付金や手術給付金がまず思い浮かびますが、がん保険の手術給付金には、どのような特徴があるのでしょうか。

がん保険の手術給付金とは何?

がんの治療で手術した際に受け取ることができるのが、手術給付金です。

  • それぞれの保険の商品によっても給付金はそれぞれ違いますが、1回の手術に対して、10~20万円程度の給付金があります。

  • 手術給付金が入院日額給付金の20倍と決められている商品もあるようですし、保障額が一律なものもあります。
    また、手術の種類によって、給付金額が異なる商品もあるようです。

    • また、入院をしていないとこの手術給付金が受け取れない商品もあるので、加入前にはこの辺りも注意が必要です。

    • 最近では、医療の進歩とともに、がんの先進医療にも注目が集まっています。
      身体にメスを入れる手術を選ぶのではなく、身体にメスを入れない先進医療でがんの治療を行いたいと望む方も増えているようです。
      先進医療の一つである、陽子線治療は、がん細胞に放射線を照射していきます。
      従来のX線治療よりも副作用がなく、病巣に集中して照射できるので、効果も高く期待できます。

      しかし、これらの先進医療は、新しく開発された治療方法なので、保険の適用にはならず、全額自己負担となります。
      もしも、がんになった場合、先進医療を望むのであれば、がん保険の特約で先進医療特約つけるようにしましょう。
      ただ、先進医療はどのがんの治療にも適用される治療法ではありません。
      しかし、先進医療特約は月100円程度と負担が軽いので、付けておきたい保険です。

      がん保険で重要視したいのは・・

      がん保険では、がん治療を保障する保険ですが、がん保険の大きな柱となっているのは、実はこの手術給付金ではありません。
      がん保険で重要視したいのは、入院給付金と診断給付金、そして先進医療給付金です。

      手術給付金は、通常の手術であれば、健康保険や医療保険でまかなうことが出来るでしょう。
      日数に制限がない入院給付金と、がんと診断された際に受け取ることができる診断給付金は、特に充実させておきたい保険です。
      先進医療給付金は、対象にならないケースも多いですが、万が一必要になった場合には、かなりコスパの良い、割のいい保険となります。