生存給付金とは?知っておきたい生存給付金の仕組み | がん保険の超初心者ガイド










生存給付金とは?知っておきたい生存給付金の仕組み

生存給付金とは少し特殊な保険金のことで、被保険者が生存していることを条件に給付されるものです。
一般的にがん保険ではがんと診断された時や、死亡した時に保険金が給付されますが生存給付金はがんである必要はなく、生存していれば保険金を受け取ることが可能です。

生存給付金を受け取るには?

  • 生存給付金は保険の満期時や5年ごとなど、それぞれの保険で決められた期間で給付され、被保険者がその時点で生存していることが条件となります。

  • 給付の予定日が近づくと保険会社から生存給付金の請求書などが送られてきますので、まずはすぐに受け取らず据え置きにするかどうかを判断しましょう。

    据え置きした場合でもこちらから申込をすればいつでも好きな時に受け取ることができるので安心です。
    そのまま受け取る場合は送られてきた書類に必要事項を記入し保険会社へと送り返します。
    後は振込予定日に実際に給付金が振り込まれるのを待つだけです。
    受け取りの手続きは決して難しくないので特に問題ないでしょう。

    生存給付金の必要性を考える

    生存しているだけで給付金がもらえる、この点だけを見ると生存給付金は非常にありがたいシステムだと言えます。
    健康な状態であれば治療費などもかかりませんから他のことに使ったり、いざという時のために残しておくこともできます。

    • ただし、本当に生存給付金が必要かどうかは保険の加入時にしっかり検討する必要があります。

    • というのも、保険によっては生存給付金があるかわりに保険料が高くなるものもあるからです。
      この場合だとたしかに一定期間で給付金を受け取ることができますが保険料の負担額も増えてしまいますので場合によっては生存給付金を付けない方が経済的に楽になる可能性も出てきます。

      • 生存給付金が必要かどうか、これは保険料とのバランスが大切になるのです。

      • 今はさまざまながん保険がありますから保険相談サイトを活用するなどして自分に合った保険を見つけることが大きなポイントです。