昔に契約したがん保険を切り替える方法・注意事項 | がん保険の超初心者ガイド










昔に契約したがん保険を切り替える方法・注意事項

昔に契約したがん保険から、他社のがん保険に新しく切り替えたいと思ってる方もおられるかもしれません。
契約可能年齢であれば切り替えは可能ですが、他社の保険に切り替えるときの方法と注意事項については、あらかじめ確認しておかなければなりません。

がん保険を切り替える方法

がん保険を切り替える方法は、保険会社に解約を申し込んでから新しい保険会社と契約するという手順になりますが、具体的な方法は各保険会社の約款に記載されていますので、まずそれを注意深く読み込んでおくようにしましょう。

がん保険の切り替えでポイントになることは2つあります。

  • 一つは、複数の保険会社から見積りをとっておくということです。

  • これを行っていないと、新しい契約先にどこを選んだらいいか決めることができません。

    保険会社のサービス内容や保険料はどこも同じではないので、複数の会社から見積りをとり比較を行ってから、自分にとって最も条件のいいところを選ぶ必要があります。

    • 次に大切なポイントは、保険の免責期間を意識しながら切り替えを行うことです。

    • 免責期間とは、保険会社の保険料支払いが免除される期間のことをいいますが、がん保険の場合、契約が成立しても、それから数ヶ月絶ってからでないと責任開始日が始まらないことが多いので、この免責期間を計算しながら切り替えのタイミングを計る必要があるのです。

      切り替えにおける注意事項

      古いがん保険から新しいがん保険に切り替えるときは、次の点に注意しておいてください。

      • それは、古い保険商品が、保障内容や条件において必ずしも悪いとは限らないということです。

      • 保険会社は、古い商品より新しい商品がいいからと切り替えを勧めてくるかもしれませんが、保険内容をよく精査してみると、実は昔の契約のほうが利回りが良いという場合もあります。
        切り替えた後で気付いても遅いので、必ず切り替える前に保険内容をよく比較しておくようにしてください。