がん治療の対症療法とは?がん保険とどう関係するのか? | がん保険の超初心者ガイド










がん治療の対症療法とは?がん保険とどう関係するのか?

がんの治療方法にはいろいろな方法があるのですが、一般的に良く知られているのが抗がん剤です。
しかし痛みが出るなどといった症状が見られるときに行う対症療法もあります。
では対症療法とは具体的にどのようなもので、がん保険は適用されるのでしょうか。

がんの対症療法とは

対症療法というのは病気によって体に起こる症状を和らげたり、消したりするために行う治療のことです。
がんの場合は痛みが激しく、また抗がん剤などの副作用によって吐き気などの症状が強く出ることがあります。
そんなときにそれぞれの症状に合わせて対症療法を行っていくのです。

つまり対症療法は根治治療とは違いますから、完全にがんを治す目的で行われるものではありません。

  • 対症療法のメリットは治療を施すことで痛みや症状が和らぎ、生活の質が保たれるということにあります。

  • 対症療法でがん保険は下りるのか?

    対症療法を行ってもがん保険は対症療法に対して支払われることはありません。
    がん保険で保険金が下りるのは保険会社によって違いはあるものの、がんと診断されたとき、抗がん剤治療を受けたとき、放射線治療を受けたとき、手術を受けたとき、入院したとき、退院後の通院をしたとき、先進医療を受けたときです。

    • もし対症療法でがん保険が適用されるとすると一部の保険会社で取り扱っている緩和療養給付金になります。

    • ただ緩和療法についてはモルヒネなどを使用しますので、多くの病院が取り入れていることです。

      ニーズが高まっていますので今は緩和療養給付金を取り扱っている保険も増えています。
      緩和療養給付金はがんによって引き起こされる症状の緩和目的で行われた治療に対して給付金が支給されます。

      ほとんどの場合、給付金の支給は1ヶ月に1回で、大体10万円程度、上限120万円などと決められています。
      なお入院中でも通院中でも適用されることが多いため、入院が3ヶ月、その後通院治療を3ヶ月した場合は6か月分の保障を受けることができるのです。

      • このように、対症療法に対する保険の捕らえ方は様々ですから、保険会社を選ぶときに内容をしっかり確認するようにしましょう。