がん保険のクーリングオフ制度について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険のクーリングオフ制度について

通販などで良く聞く言葉にクーリングオフというものがあります。
このクーリングオフですが、実はがん保険などでも適用されるのを知っている人は多くありません。
ここではがん保険におけるクーリングオフについて考えてみましょう。

そもそもクーリングオフって?

クーリングオフとは訪問販売など特定の取引によって契約をした時に、一度は契約をしても一定の条件を満たしていれば消費者側が一方的に契約を取りやめることができる制度のことです。
そもそもクーリングオフとは頭を冷やして考えなおす期間であるという意味でもあり、がん保険などの場合は保険会社の担当者と消費者との間に大きな知識の隔たりがある商品だと言えます。
そこで営業担当者から熱心に勧められてしまって、つい契約をしたけれど、よくよく考えてみれば必要なのと思い直す人もいるでしょう。
そうしたケースに対応すべく、がん保険においてもクーリングオフ制度が適用されるようになっているのです。

  • では、具体的にどうすればがん保険のクーリングオフが利用できるのかと言うと、基本的には8日以内に書面で保険契約の申込を撤回しなくてはいけません。

  • ここで気になってくるのが、何を起点にして8日以内なのかという話です。
    例えば契約を結んだ日なのか、それとも保険料を支払った日なのか色々と起点となる日はあります。
    基本的に何を起点とするのかというのは、各保険会社で異なっているので、保険契約時にもらえる保険のしおりを確認してみてください。
    保険会社によっては、自発的にクーリングオフの適用期間を8日以内から15日以内というように設定している場合もあるので、しっかりとチェックしておくべきです。

    クーリングオフをするにはどうすれば良い?

    • クーリングオフを行うには、きちんと書面で申請しなくてはいけません。

    • 中には電話で担当者に伝えたから大丈夫と考えている人も多いのですが、電話の場合は効力が生じないので必ず書面で伝えるようにしてください。
      書面ですが、基本的にハガキや封書であっても問題ありません。
      中には専用の用紙を用意している保険会社もあるようなので、その場合は指示に従って提出しなくてはいけません。
      内容としては契約を解除する意思を明確にし、契約者の指名と住所などを記載するだけです。