免責期間の90日間も保険料を払う対象になりますか? | がん保険の超初心者ガイド










免責期間の90日間も保険料を払う対象になりますか?

がん保険には、医療保険にはない免責期間というものがあります。
通常の医療保険などでは、申込書の提出や健康状態の告知、そして1回目の保険料の払込みがあった時点で、保障が開始されるのですが、がんの場合には、これからさらに90日間の免責期間が設けられているのです。
これはがん保険を悪用されないためにあるものです。

では、保障が始まっていない免責期間である90日間も保険料の支払いは必要になるのでしょうか。
またこの期間中にがんと診断されたらどうなるのかも併せてご紹介します。

免責期間の90日間も保険料を払う対象なの?

がん保険を加入する際に注意したいのが、この免責期間です。
生命保険や医療保険では、契約してから1回目の保険料の払込みがあった時点で保障が始まりますが、がん保険では、この日からさらに90日間の免責期間があります。

これは待ち期間や待機期間、不填補期間とも言われています。
つまり、保障を受けることが出来ない期間です。90日間というのはかなり長いと思われると思います。
3ヶ月間もあるので、保険料の支払いが3回あることになります。
この期間も保険料支払いの対象になるのでしょうか。

  • この免責期間も契約期間となっているので、当然のことながら、保険料を払う対象となっています。

  • どうしてこのような90日間もの免責期間があるのかと言えば、がん保険を悪用されないためと、保険の平等さを保つためとされています。
    自分でどこかしこりを見つけ、がんかも知れない、と思った人ががん保険に加入することもあります。
    そのようなケースを避けるために、90日間もの待ち期間が設けられています。
    がん保険は加入者どうしの支えあいで成り立っているシステムなので、このようなことがあれば、契約の公平性を保つことが出来ません。

    また、がんというのは、発病していても、本人に自覚症状がないケースも多くあります。
    健康状態の告知の時点では、本人も本当に何も分からなかった、というケースも多いものなのです。

    免責期間中にがんと診断されたら・・

    90日間の免責期間中にがんと診断されたら、契約期間ではあるものの保障がまだ開始されていない期間なので、保険が支給されることはありません。
    また、契約自体が解除されることになります。

    • ただ、この免責期間中にがんと診断され、契約自体が解除になった場合には、払込みをした保険料は返金されます。

    • しかし、最近のがん保険商品の中には、入院給付金やがん通院給付金については、免責期間がないものも出てきています。
      また、がん保険の中には免責期間自体がないタイプもあります。
      がん保険の免責期間は、がん保険の切り替えの際にも重要ですから、損をしないために注意しておきましょう。