高度先進医療とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










高度先進医療とは何ですか?

医療技術の進歩によって高度先進医療も次々に研究、開発されており、難病やさまざまな病気の治療も可能になっています。
厚生労働大臣が定めた高度な医療技術を用いた治療方法のことを高度先進医療と言います。
この高度先進医療について、ここでは詳しくご紹介します。

高度先進医療とは?

高度先進医療とは、患者さんのニーズの多様化に対応するために、保険診療で認められている一般の医療水準を超えた最新の医療技術として、厚生労働大臣から認められた医療行為のことです。
治療方法の選択肢が広がることは、とても良いことです。
これまで難しいとされてきたがんなどでも治癒する可能性が高まるからです。

しかし、高度先進医療には大きなネックもあります。
それは、高度先進医療に必要となる費用は全額自己負担となることです。

  • 高度先進医療にかかる診察や検査、投薬や入院料などの技術料以外の費用は健康保険の普及対象となるのですが、高度先進医療の技術料は、健康保険の給付対象外となり、全額自己負担となります。

  • 高額療養費制度も適用されないので、一般的な保険診療と比較すればかなり高額な治療費が必要になります。

    ただ、この高度先進医療を受けることが出来る医療機関はとても限られています。
    医療技術によって、一定の施設基準が設定されているので、その基準を満たす病院や診療所のみで高度先進医療を受けることが出来ます。

    がん保険の高度先進医療の保険について

    がん治療での高度先進医療である重粒子線治療の場合にはおよそ300万円が、陽子線治療の場合には、およそ280万円以上が必要になります。
    これを全額自己負担するのはとても大変なことです。
    そこで登場したのが、先進医療特約です。
    がん保険の先進医療特約に加入しておけば、高度先進医療にかかる医療費の全額か、一部の保障があったり、交通費も給付対象になる商品もあるようです。

    • メスを入れないがん治療で、痛みや副作用も少ないなどのメリットがある高度先進医療を受けるためには、がん保険の先進医療特約に加入しておくことが必要です。

    • また、先進医療特約は、びっくりするほど保険料が安いことも魅力です。
      どのがん保険でも100円程度で先進医療特約をつけることが出来ます。
      しかし、それは高度先進医療を受けられる可能性がそれだけ低いことを指します。
      高額な高度先進医療を毎月わずか100円程度で保障される理由は、それだけ実際に受けている人が少ないからなのです。

      がん保険の高度先進医療の保険は、どうしても必要かと言われれば、少ない掛け金ですし、あれば安心という程度です。
      今、加入中の保険が古い商品だから、先進医療特約のある新しいがん保険に加入を薦められても、そこまでしてつけるものでもありません。