がん保険の定期保険についての知っておきたい基礎知識 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の定期保険についての知っておきたい基礎知識

がん保険には定期保険と終身保険がありますが、定期保険は契約年数が決められており、更新の際保険料が上がるタイプです。
それなら保険料が一生上がらない終身タイプがいいのでは、と思う方もいるでしょうが、定期保険には定期保険のメリットがあります。

定期保険とは

がん保険の定期保険は契約の際保障期間があらかじめ定められており、契約が終わるときには返戻金が発生しない掛け捨てタイプの保険です。

定期保険にはいくつか種類があり、平準定期保険は契約満了まで契約したときの保険金額を支払うタイプです。

逓減定期保険は年とともに保険金額が一定の金額まで減るもので、ローンや教育費などの発生とともに保険金額が減るので合理的といえるでしょう。
逓増定期保険は逆に保険金額が一定まで増えるタイプで、加入したばかりの保険料は割高ですが、保険期間が満了を迎える頃には割安となり、責任準備金の積み立てがあるため貯蓄性を持つタイプとなります。

定期保険のメリット

では定期保険にはどのようなメリットがあるのかと言うと、保険料が安いと言うことです。
契約年齢にもよりますが、まだ若い頃に契約すれば終身保険や積み立てタイプよりも保険料が安くなります。
それでいて終身保険と同等の保障を受けることができますので、保障内容が終身保険よりも高額と捉えることもできます。

また所定の年齢まで更新可能となっていますので、健康状態に左右されることはなく、ライフスタイルの変化によって見直しも可能です。
満期保険金がないことや更新するたびに保険料が上がると言うデメリットはありますが、基本的にがん保険の定期保険は若いうちに契約すれば保険料は安く済むのが特徴です。

ですからがん保険の契約方法としては、若いうちは定期保険で5年、10年契約をし、終身保険の保険料が定期保険を下回る年齢になったときに終身保険に切り替えると言うのが一般的です。

定期保険の契約期間は大抵5~10年となっていますし、更新するときの保険料は更新時の年齢に基づいて決められますから、このときが保険の見直しをするチャンスなのです。