知っておきたい化学療法について | がん保険の超初心者ガイド










知っておきたい化学療法について

がん治療には様々な方法が存在しています。
その中でも代表的なのが、三大療法と呼ばれるものです。
外科療法、化学療法、放射線療法の3つを指すのですが、ここでは化学療法について考えていきましょう。

化学療法ってなに?

化学療法というのは化学物質を用いて、がん細胞の分裂を抑制し、場合によってはがん細胞を破壊するという治療方法のことです。
もっと簡単に書いてしまうと、抗がん剤による治療だと考えてください。上でも触れましたががん治療においてはポピュラーな方法として知られており、多くの人が利用している治療法でもあります。

化学療法で用いられる抗がん剤は静脈に注入するのが一般的ですが、内服するというケースもあります。
血液中に含まれた抗がん剤は血管を通して全身の隅々にまで運ばれていき、体内にあるがん細胞に作用していくという形です。

  • 全身のどこにがん細胞があったとしても治療の効果が期待できるので、手術が難しい場所にあるがん細胞や、全身的な治療についても良く用いられています。

  • 基本的にがんという病気は全身病とも呼ばれます。
    症状の初期段階であれば、特定の部位に病巣が限定されているのですが、症状の進行とともに全身に広がっていき、様々な部分でがんが発症してしまうのです。
    このことから全身病と呼ばれており、化学療法はこうしたケースで、特に役立ってくれるでしょう。

    • 外科療法や放射線療法は局所的ながんの治療に向いているのですが、化学療法は全身のがん治療に向いており、このことから併用されるケースも珍しくありません。

    • 化学療法の役割とは?

      化学療法には大きく分けると2つの役割があるとされています。
      そのうちの1つは上でも書いたように全身的ながんへの治療です。
      白血病のように病状の初期段階から全身で発病するタイプのがんには特に効果が高いと言って良いでしょう。
      もう1つの役割としては、外科療法や放射線療法を行った後に、補助として使われるケースです。
      この場合、がんが転移している可能性を考えて、その病巣を根絶するために用いられると考えてください。