がんになった場合、治療費以外に何かかかる費用はありますか? | がん保険の超初心者ガイド










がんになった場合、治療費以外に何かかかる費用はありますか?

がんになっても、治る可能性が高くなっているとはいえ、有名人などががんで亡くなるニュースも多く、がんはやはり恐い病気だと思っている方も多いのではないでしょうか。
日本人の死因の1位が、がんですから、家族のことや自分自身のことが心配になってしまう方が多くて当然だと思います。

また、がんになったら、他の病気と比べて治療費が高額になると言われています。
保険に加入していないと適切な治療を受けられないのではないか、安心してゆっくり治療に専念出来ないのではないか、などの心配も出てくるでしょう。
確かにがんの手術や抗がん剤などで、がん治療の費用は高額になりますが、日本には公的な保険が充実していますから、高額療養費で1ヶ月の医療費の自己負担が極端に高額になることはありません。

しかし、公的な保険は治療費以外の費用は適用されないので、ここにどのくらいの費用がかかるのかが不安です。
いったいどのくらいの自己負担になるのでしょうか。詳しく説明していきます。

がんになった場合、治療費以外に何に費用がかかるの?

がんになった場合、治療が長期化したり、再発したりする可能性も高いです。治療費がどのくらい必要になるのが、不安な方も多いでしょう。
がんの手術や抗がん剤などの医療費では、高額療養費の対象になり上限が8万円プラスαとされています。

この医療費以外にも、がん治療では費用がかかります。

これはがんに限ったことではないのですが、病気の治療にかかる費用の中には、高額療養費の対象にならない費用もあり、これは医療費の自己負担とはまた別にかかる費用となります。

入院中の食事代は全て自己負担になりますし、入院の際に自分から個室などの特別室を希望した場合には、差額のベッド大が必要となります。

他にも抗がん剤の副作用で、髪の毛が抜けた場合のかつらの費用や後遺症を緩和するためのリハビリも自費払いになるものがあります。
また、健康保険が適用されない先進医療もあります。

がんになった場合の自己負担額はどのくらい?

まず、がんの治療費についてですが、病気の進行具合や治療方法にもよって異なりますが、早期のがんではすぐに入院、手術になることが多く、一時的に数十万円以上の医療費がかかります。

しかし、公的な保険である高額療養費が利用できるので、1ヶ月間に100万円以上の医療費がかかっても自己負担は8万円とプラスαになります。
ただ、退院してからも定期健診や抗がん剤の治療が長く続くことが多いですから、この8万円プラスαの負担が何度か必要なる可能性も高いです。

がんの治療が開始されたはじめの1年間の医療費の自己負担は、50万円程度は必要なると思っていた方が良いでしょう。

これに治療費以外の費用がプラスされることになります。