悪性腫瘍とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










悪性腫瘍とは何ですか?

悪性腫瘍とはいったいどんなものなのでしょうか。
がん保険に加入する前に、知っておきたい悪性腫瘍のこと、そして良性腫瘍との違いをここでご説明します。

悪性腫瘍って何?

悪性腫瘍は、一般的にがんと言われるものです。
がん保険などでは、悪性腫瘍以外に悪性新生物という言葉も使用されることが多いです。
身体を構成している細胞の中で、進行性に増殖したものを腫瘍と言います。

  • この中で、正常ではない細胞が周囲に広がり、他の臓器に転移したりして、臓器、そして生命に重大な影響を与えるものを悪性腫瘍と言います。

  • 腫瘍細胞が、周囲の組織に徐々にしみ込むように増殖していき、広範囲に広がっていきます。
    周囲の正常な細胞までもを破壊したながら進行していくがんは、周囲に血管やリンパ管がある場合には、それらも破壊してしまい、管の中に入り込み、さまざまな臓器に転移していくのです。
    このように血管やリンパ管などにのって、原発部位を腫瘍が離れて、他の臓器に移り、そこでさらに増殖していくことを転移と言います。

    悪性腫瘍の対象となる病名には、肝臓がんやすい臓がん、甲状腺がんや悪性リンパ腫、白血病などがあります。
    同じがんでも悪性腫瘍と呼ばないで、上皮内腫瘍、または上皮内新生物と呼ばれるがんもあります。
    これは悪性腫瘍が臓器の表面を覆っている上皮まででとどまっている状態のがんのことです。

    悪性腫瘍の場合、上皮細胞に接している基底膜と呼ばれる薄い膜を破って深い部分までに広がっているのに対して、上皮内腫瘍の場合には、この基底膜を破らず、深部まで広がっていません。
    上皮内腫瘍であれば、転移の可能性もほとんどなく、この状態で腫瘍細胞を取り除く手術をすれば、治癒出来るとされています。

    • 同じがんでも、悪性腫瘍と上皮内腫瘍では、がん保険での給付額が異なっていたり、上皮内腫瘍は給付対象にならない商品もあります。

    • 悪性腫瘍と良性腫瘍の違い

      がんというのは全て悪性の腫瘍です。
      しかし、同じ腫瘍でも良性腫瘍と呼ばれるものもあります。良性腫瘍の一種には、ポリープがあります。
      ポリープのことを良性のがんと呼ぶことがありますが、がんで良性のものはないので、正確には間違いです。

      再発や転移の可能性がほぼ100%ないとされる上皮内腫瘍でも、良性腫瘍ではなく悪性腫瘍です。
      良性腫瘍には、ポリープ以外に、乳頭腫や脂肪腫、線維腫などがあります。
      良性腫瘍の場合には、触るとぐりぐり動くのに対して、悪性腫瘍の場合には、動きません。

      また、良性腫瘍の形は丸く整っていますが、悪性腫瘍はギザギザで境界が曖昧であるなどの違いがあります。
      しかし、自分で触っただけで良性か悪性かを正確に判断することは出来ませんから、気になることがあれば、速やかに病院で診てもらいましょう。