被保険者って本当に理解していますか?被保険者とは? | がん保険の超初心者ガイド










被保険者って本当に理解していますか?被保険者とは?

覚えておきたい保険用語の一つに被保険者がありますが、これは保障を受ける人のことです。
では具体的に被保険者とはどのような意味を持ち、どんな人がなれるものなのでしょうか。

被保険者の定義となれる人

被保険者とはがん保険に加入した際に入院給付金や手術給付金などの保障を受けることができる人です。
契約者とは別に設定することができ、たとえば親が子供のためにがん保険をかけるとき、親が契約者となって子供を被保険者とすることが可能です。

家族で加入する保険の場合は契約者1人に対して被保険者が数人いることになります。
もちろん契約前に被保険者が契約することに同意しなければなりませんし契約者と被保険者が違う場合は契約者が亡くなっても保障はされません。

被保険者と契約者の違いと注意事項

良くある質問には、被保険者と契約者の違いが分からないと言うことがあります。

簡単に言えば契約者はがん保険契約を結ぶ人で保険料を支払う人、被保険者は保険の対象となる人です。

契約者が被保険者である場合もあれば契約者と被保険者が別と言うことも十分ありえるのです。

注意点は万が一契約者が亡くなる、重度後遺障害を負うなどして、保険料の支払い能力がなくなった場合、契約者を被保険者あるいは別の人に変える必要があります。

もし家族契約で契約者と主たる被保険者をご主人に、妻や子供たちを従たる被保険者にしたとき、契約者が亡くなってしまった場合も家族内の被保険者が契約者として名義変更する必要があるのです。
契約者を変えずに保険料の支払いが滞った場合、保険会社は一方的に契約を解除することができますし、そうすると万が一被保険者ががんにかかっても保障を受けることができません。
また被保険者ががんによって入院や手術などを受け、給付金を請求する場合は契約者が代行することができます。
万が一被保険者が亡くなった場合も契約者が申し出ることで死亡給付金を受け取ることができます。

被保険者というのはがん保険における保障を受けることができる人物ですが、支払いや請求に関しては契約者が動くことのほうが多いのです。