長期入院になった場合は上限日数がないというのは本当ですか? | がん保険の超初心者ガイド










長期入院になった場合は上限日数がないというのは本当ですか?

医療保険とはまた別に、がん保険に加入する意味が今ひとつ分からない、という方も多いかも知れません。
がん保険は、医療保険とは違って、がんだけを保障する保険ですから、他の病気になっても給付金がおりることはありません。
がんだけが単独で保険商品があるのは、それだけがんが他の病気とは違う特徴があるからです。

つまり、医療保険だけでは対応出来ない可能性が高いのが、がんという病気なのです。
例えば、がんになったら、入院も長期になる可能性が高いです。
医療保険では入院給付金の日数に上限がありますが、がん保険ではどうなっているのでしょうか。
がん保険の特徴を説明していきます。

がん保険には、入院給付金の上限日数がない!

がん保険に加入しておくメリットの一つに、長期入院になった場合でも、しっかりと保障があることです。がん保険の入院給付金は、入院日数が無制限に設定されています。

これは、どのがん保険商品でも同じで、入院給付金の日数に制限があるものはありません。
医療保険では、がんになった場合でも保障対象となりますが、がんを含む、なにかの病気で入院した場合、1回の入院限度日数と、通算の限度日数が設定されています。

つまり、医療保険では、入院給付金が支払われる日数に制限があるのです。
ですから、もしも長期入院になった場合には、経済的な負担が大きくなります。
再発を繰り返す可能性が高いがんでは、入退院を繰り返すことも多く、そうなれば、医療保険の入院給付金の上限日数にすぐに到達してしまいます。
これでは安心してがんの治療に専念できなくなります。

がん保険は、がんに特化した保障ですから、入院が長期化してもカバーできるように、入院給付金には上限日数が設けられていないのです。

がん保険のその他の特徴

がん保険には、この他にも医療保険にはない特徴がいくつかあります。

  • 医療保険の場合には、通院特約が付いていることが少ないのですが、がん保険には通院給付金があります。

  • がんの治療では、通院での治療も多いですから、通院給付金のあるがん保険がほとんどです。
    一般的に通院1日あたり、1万円程度が通院給付金として支払われます。

    • また、がん診断一時金も、がん保険ならではの保障です。

    • 他の病気の場合には、診断されただけで給付金が支払われることはないですが、がん保険のほとんどには、がんと診断された際に支払われる、がん診断給付金があります。
      100万円程度が一般的ながん診断給付金額ですから、長期化する可能性のあるがん治療にも、しっかりと備えることができます。