抗がん剤の使用と医療費・がん保険の関係 | がん保険の超初心者ガイド










抗がん剤の使用と医療費・がん保険の関係

がん治療と抗がん剤使用は切っても切れない関係にあります。
抗がん剤治療費については公的保険だけではカバーできないことがありますが、その場合はがん保険でカバーすることになるでしょう。
ここでは、抗がん剤治療を保障してくれるがん保険がどんなものかをご紹介します。

抗がん剤治療を保障するガン保険とは

がん保険の中でも、抗がん剤治療を保障対象に含めているものがあります。
これが、抗がん剤治療を保障してくれるがん保険です。
これは特約の一種ですが、通常はがん治療で入院給付金だけが支払われるところを、治療給付金まで支払ってくるれるのがこの特約の醍醐味です。

以前は画期的な仕組みでしたが、今では各保険会社からいろいろな抗がん剤治療に備えたがん保険が販売されるようになりました。
例えば、退院後の治療費を保障してくれるところや、専心医療をカバーできるもの、緩和ケアを保障するもの、三大治療による通院保障が日数無制限で受けられるものまであります。

このように今や、がん保険で抗がん剤治療給付金が支給されるというのは当たり前になっています。

公的保険と貯蓄だけでカバーできるか

抗がん剤治療のためにがん保険に入るのは避けて、公的保険と貯蓄だけで支払っていきたいと考える人もいるかもしれません。
こうした考えも確かに有益な選択の一つです。
なぜなら、抗がん剤治療にかかる費用は、個別の症状や治療回数によっては、公的保険と貯蓄だけで十分にカバーできる場合もあるからです。
その場合は、がん保険に入っていても保険料が無駄になるだけで、何もメリットはありません。

したがって、貯蓄が十分にあり、抗がん剤治療がそれほど高額にならない場合は、わざわざがん保険に入る必要はないでしょう。

ただし、医療費のトータルが数十万円~数百万円に及ぶようなときは、高額療養費制度を活用してもまだ足りない場合があるので、あらかじめがん保険に加入しておくことをおすすめします。

もちろん加入する保険は、抗がん剤治療を保障してくれるがん保険です。