がん保険の変額保険に関する知っておくべき事 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の変額保険に関する知っておくべき事

がん保険にはいろいろな種類があり、お金を貯める目的で検討するのが変動保険になります。
変額保険はどのような保険かというと、保険金額次第で解約返戻金が変わるというものです。

基本的にハイリスクハイリターンな貯蓄保険ですが、死亡保障がついていたり、保険料が安かったりとメリットもあります。
では実際にがん保険の変額保険はどのような特長があるのでしょうか。

変額保険のメリット

変額保険は運用次第で解約したときの返戻金が変わる保険ですから、がん保険というよりも貯蓄目的の保険で取り扱われることが多いです。

もしがん保険目的で利用する場合は万が一死亡した場合、残された家族の当面の生活費と考えるのが妥当でしょう。
収めた保険料は一部を特別勘定という形で運用し、実績次第で保険金、解約返戻金が変わります。

  • つまり運用次第では保険金も解約返戻金も大きくアップすると言うことです。

  • さらにもう一つメリットを挙げるなら、保険料が一般的な保険よりも安いということが言えます。
    また最低限の保障を受けることはできますので、1000万円で契約した場合は最低でも1000万円を受け取ることができますので、999万円以下になるということはありません。

    相続税の非課税枠を活用する方法

    変動保険でもう一つ知っておきたいのは、相続税に関することなのですが、一般的にお金を持っていればその金額に応じて相続税が課税されます。

    しかし生命保険のように、がん保険でも死亡保険金を受け取ることができるタイプであれば、相続税の非課税枠を利用することができます。
    非課税の計算方法は500万円に法定相続人の人数をかけた数字ですから、たとえば法定相続人が3人なら1500万円となり、死亡保証金が1000万円なら課税対象にならないと言うことです。

    また遺産相続に関して相続税を支払わなければならないとき、変動保険で下りた保険金を相続税に当てることができます。
    一般的に遺産分割協議が終わらない限り相続財産は凍結されていますから遺産を受け取るには長い時間を要するのですが、保険金は受取人を指定知ればすぐに受け取ることができます。

    • もちろん運用が上手くいかなければ受け取る保険金額は少なくなる、手数料が高いといったデメリットもありますので、良く考えて検討してみると良いでしょう。