がん保険の待機期間とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の待機期間とは何ですか?

がん保険には、生命保険や医療保険にはない、待機期間というものがあります。
これを知っておかないと、後からトラブルの元になったり、新たにがん保険を見直す際にも失敗してしまうこともあるので注意が必要です。
ここでは、がん保険特有の待機期間についてご説明します。

がん保険の待機期間って何?

一般的に生命保険や医療保険では、契約者や被保険者の記名・捺印などがされた申込書の提出と、健康状態の告知書の提出、さらに1回目の保険料の払込みがあった時点で、実際に保障がスタートします。
この保険会社の保障がスタートする日のことを責任開始日と言います。

しかし、がん保険では、この責任開始日が、生命保険などとは違います。
がん保険では、生命保険や医療保険で責任開始日とされる日から、さらに待機期間が設けられているのです。
この待機期間は、待ち期間や不填補期間とも言われていて、90日間と設定されています。
要するに保障が開始されていない期間のことです。

がん保険の保障が開始されるのは、申込書などの提出、1回目の払込みが終わってから、さらに3ヶ月後の事になるのです。

このがん保険特有の待機期間に、万が一、がんと診断された場合には、もちろん保証対象外となるので、給付金などを受け取ることが出来ません。

最近のがん保険の一部には、この待機期間が設けられていない商品もありますが、一般的には待機期間があり、待機期間にがんになっても保証対象外となり、さらに契約が無効となってしまいます。
他のがん保険に乗り換える際にも、新たに加入するがん保険の待機期間が終了してから、それまでのがん保険を解約しないと、空白の期間ができることになるので要注意です。

がん保険の待機期間がある理由

ではどうして、がん保険には、このような3ヶ月間という長い待機期間があるのでしょうか。
これはがんという病気が、他の病気とは違う特有の性質があるからです。
がんというのは自覚症状がほとんどないことが多く、がんを発症していたとしても、自分では気がつかないケースが多いのです。
健康状態の告知の際にも、本人は全く知らなかったということがあります。
これでは契約の公平性にかけてしまいます。

本当に加入時に健康であるかどうか、公平性を保つ為に、3ヶ月間の待機期間が設けられているのです。

また、待機期間があるのは、がん保険の悪用を避けるためでもあります。
自分で身体にしこりがあることに気が付き、病院に受診する前に、がん保険に加入したとしましょう。
待機期間がなければ、その後に病院でがんと診断されれば、給付金を受け取ることができる事になってしまいます。
このような理由で、がん保険には待機期間があるのです。