上皮内新生物ってどういうもの? | がん保険の超初心者ガイド










上皮内新生物ってどういうもの?

上皮内新生物というと難しく聞こえますがつまりはがんのことです。
がんには悪性新生物に分類されるものもありますので、同じがんでも上皮内新生物と悪性新生物の違いを把握しておくことが大切です。

上皮内新生物と悪性新生物はなにが違う?

上皮内新生物は適切な治療を行うことで完治し、他の部位に転移する恐れもないがんのことを指します。

一方で悪性新生物は治療で完治する可能性は同様にあるものの、転移・再発する恐れがあります。

これが最大の違いで私達が一般的にがんと聞いて思い浮かべるのは悪性新生物に該当するがんのことです。
上皮内新生物に該当するがんとしては子宮頸がんや、内臓の粘膜内にできたがんが代表的です。
同じがんと呼ばれるものでもかなりの違いがあることがわかります。

上皮内新生物とがん保険

がん保険における対応も上皮内新生物と悪性新生物では違いがあります。

上皮内新生物に該当するがんは治療すれば完治し転移することもほぼないことから保険金の支払額が少なくなったりするのです。

たとえば悪性新生物と診断されれば診断給付金が100万円受け取れるのに対し、上皮内新生物と診断された場合は診断給付金が30万円になってしまうといった形です。

保険会社によっては上皮内新生物ではそもそも給付金が出ないなんていうケースも過去にはありました。

ただ、現在ではこうした差はなくなっており、ほとんどのがん保険で上皮内新生物でも悪性新生物でも同額の給付金が出るようになっています。
つまりがん保険の観点から見ると上皮内新生物と悪性新生物の違いはほぼ無くなってきているのです。

とはいえ保険商品によっても違いがありますのでがん保険に加入する時は上皮内新生物だと診断された場合の保障はどうなるのか、これをチェックしておきましょう。

もし給付金が少なくなるようなら他の保険を検討する必要もあるでしょう。
どんながんでも一定の給付金を受け取ることができるようにしておくのが大切です。