がんと診断された場合、診断一時金はいつ受け取ることが出来ますか? | がん保険の超初心者ガイド










がんと診断された場合、診断一時金はいつ受け取ることが出来ますか?

がん保険には、通常の医療保険にはない、がん診断一時金があります。
がん給付金とも言われるがん診断一時金は、被保険者が、医師からがんと診断された時点で、支払われる保険金のことです。
入院給付金や手術給付金とは違う、がん診断一時金はいつ受け取ることができるのか、

また、がん診断一時金にもいろいろなタイプがありますので、ここで説明していきます。

がん診断一時金はいつ受け取ることができる!?

医療保険でも馴染みのある入院給付金や手術給付金の場合には、一般的には病院を退院した後で、保険会社に対して給付申請をして受け取ることが出来ます。
がん診断一時金も退院した後での支払いとなるのでしょうか。

  • がんと診断された時点で、支払いされることが決定するがん診断一時金ですから、病院を退院するよりも、もっと早い段階で申請をして保険金を受取ることが出来ます。

  • がん診断一時金は、がん治療のための入院や通院、さまざまな費用に活用することができる保険金です。
    保険商品にもよりますが、50万円や100万円などが、一回でおりる保険ですから、この保険があるのとないのでは、かなり違います。
    がん診断一時金は、医師からのがん診断があれば、受け取ることができる保険金ですが、そのためには保険会社に給付金を申請する必要があります。
    申請するためには、請求書類が必要となりますし、担当の医師から、保険会社所定の診断書をかいてもらう必要も出てきます。

    さらに、保険会社にそれらの請求書類が届いてから、記入の不備などがないか、給付金の支払い事由に該当しているかどうか、などが入念にチェックされます。
    もしも記入に不備があれば、またそれだけ時間がかかってしまうので、書類の記入は正確に行なうことが大切です。
    問題がない場合には、書類が到着してから1週間程度で指定口座にがん診断一時金が振込みされます。

    がん診断一時金の支払いのタイプ

    高額な治療費が必要となる、がんならではの保険であるがん診断一時金は、各保険会社によって、またそれぞれの商品によって支払いのタイプが異なっています。
    再発の可能性が高いがんですから、がん診断一時金の支払いが、どのタイプなのかを、しっかりと把握しておく必要があります。

    • がん診断一時金の支払いタイプには、初回1回だけ給付されるタイプと、初回だけでなく、一定の年数が経過すれば、再発時にも診断一時金が給付されるタイプがあります。

    • また、初回とさらに一定の年数が経過した後の再発時と、継続治療中でも給付されるタイプがあります。