健康保険があるのに、がん保険や医療保険が必要になるのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










健康保険があるのに、がん保険や医療保険が必要になるのでしょうか?

日本には公的な保険、健康保険があります。
しかし、たくさんの人が、がん保険や医療保険に加入しており、各保険会社にはたくさんの保険商品が用意されています。
健康保険があるのにどうして医療保険やがん保険が必要になるのか、と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
高い保険料を支払ってまで加入する必要があるのかどうか、ここで医療保険とがん保険の必要性について考えてみたいと思います。

医療保険の必要性について

医療保険でもがん保険でも、加入する理由は、公的な健康保険では足りないものを補うためです。
会社員の方であれば協会健保、公務員の方であれば共済健保、自営業の方であれば、国民健康保険などの健康保険に加入されているかと思います。

医療保険は、このような公的な社会保障では足りない部分を補うために加入するのです。

健康保険があることを見落としている人も多く、必要のない高額な保障を付けている人も中にはいらっしゃいますので、注意が必要です。
医療保険の基本的な保障内容は、入院日額保障と、入院保障日数、そして手術給付金となります。

この3つの保証内容が基本ですから非常にシンプルです。
社会保障の不足を補うために重要なのは、入院日額保障と入院保障日数になります。
社会保険で医療費の自己負担は3割ですが、入院時の食事代やベッド代や全額自己負担となりますから、医療保険の入院日額保障に加入して備えておけば安心です。

がん保険の必要性は何か?

がん保険も、社会保障での不足分を補うために、加入しておくと安心です。
また、医療保険でも対応しきれないケースが多いのが、がんです。
がんの先進医療や自由診療などは、公的な医療制度が適用されないので、治療費は全額実費となります。
また再発を繰り返したり、治療が長期化する可能性が高いのもがんです。

医療保険の場合には、入院の支払い限度日数があるのですが、がん保険ではどれも限度日数がないので、加入しておけば、安心して治療を受けることが出来ます。

高額医療制度がありますから、事前に申請することで、自己負担を抑えることは可能ですが、それでも医療費には含まれないベッド代や、先進医療などの保険外診療もありますし、がん治療のために、収入も減少します。

このようなリスクを考慮して、たくさんの人ががん保険に加入しています。
がん保険では入院給付金の支払限度日数に制限がない他、通院の保障もあります。
医療保険では、長期間の通院、短期間の入退院に対応出来ないものが多いので、がん保険を別に加入する必要性があるのです。