がん保険の女性疾病入院特約について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の女性疾病入院特約について

女性疾病入院特約とは女性特有の病気や、女性に多く見られる病気で入院することになった場合に保険金が支払われる特約です。
女性特有の病気は意外と多いのでいざという時に頼りになる特約だと言えるでしょう。

女性特有の病気とは?

では、具体的に女性特有の病気にはどんなものがあるのでしょうか。
代表的なところで言うと子宮がん、乳がん、子宮筋腫などが挙げられます。
子宮がんと乳がんはがんですから悪性新生物に、子宮筋腫はがんではない腫瘍、つまり良性新生物に該当します。

この他にも卵巣の機能障害や甲状腺腫、低血圧症、胆のう障害なども女性特有の病気や女性に多く見られる病気として分類されます。

  • がん以外の病気もカバーできる点が1つの特徴と言えるでしょうか。

  • こうした病気になってしまった時にメインの保険に加え、女性疾病入院特約から入院給付金が出る形です。
    入院するだけでもそれなりのお金が必要になってしまいますので付帯させておくと安心です。

    女性疾病入院特約はつけるべきか

    この点についてはよく検討する必要があるでしょう。
    まず、特約ですから付帯させればその分保険料が高くなります。
    保険に使えるお金は決められているのが普通ですので予算をオーバーしないか確認しなければなりません。
    さらにメインの保険からも保険金は支払われますので特約から支払われる保険金が必要とは限らない点もポイントです。

    メインの保険から十分の保険金が出ると判断される場合はこの特約を外す選択肢も十分にあり得ます。
    自分にとって必要かどうか、これをよく考えましょう。
    自分で判断するのが難しい場合はインターネット上の保険相談サイトなどを活用しプロのアドバイスを受けるのもおすすめです。

    保険料とのバランスを考えながら必要な保障かどうかを一緒に考えてくれます。

    • 特約は付帯させておけば保障が手厚くなり心強いのは間違いないのですが保険料がアップするという面もあります。

    • とりあえず付帯させておけば良いというものではありませんので特約の内容を把握し、正しい判断をするようにしましょう。