がんになってしまい、働けなくなった場合の給付金はありますか? | がん保険の超初心者ガイド










がんになってしまい、働けなくなった場合の給付金はありますか?

日本人の2人に1人がかかると言われているがんですから、万が一の備えはしっかりとしておきたいものです。

がんになると、高額な治療費も予想されますし、治療も長期にわたる可能性がありますから、収入が得られなくなる場合の備えも重要になります。
年金で生活をされている方であれば、年金収入は変わらないので、生活に大きな支障が出ることもないですが、現役で働いている方であれば、がんになり働くことができなくなるリスク、それにより収入が減少してしまうという大きなリスクが出てきます。
がん保険には、このようにがんになってしまって働けなくなった場合の給付金があるのでしょうか。

がんになり、働けなくなった場合の給付金はあるの?

がんになり、働けなくなった場合の給付金には、いくつかの種類があります。
がん収入保障保険というのは、がんと診断された場合に、生きているあいだ、もしくは一定の期間、年金が支払われる保険です。

これは、がんと診断された際の収入減少のリスクに備えるためのがん保険です。
またこの給付金は、がんと診断された時点で、受け取ることができる保険ですから、仕事をそのまま続けていても、もらうことが出来ます。
がん診断給付金は、がん保険ならではの保険で、がんと診断された時点で、一時金がもらえるものです。
これは最近のがん保険の基本内容になっているようです。
一括で高額な給付金が支払われますが、収入が減少した場合の補填として活用することが出来ます。

他にも生前給付保険があり、これは、がんや、三大疾病などの特定の病気を診断された場合に、一括で保険金が支払われる給付金です。
こちらもがんの治療だけでなく、生活を維持するための補填として活用出来ます。
就業不能保険というものもあり、こちらは、がんなどの病気やケガになり、働けなくなった場合に、給与のように毎月指定の口座に給付金が支払われるものです。
働けない状態になって、一定の期間が過ぎてから補償が始まります。

がん保険を選ぶ際のポイント

このように、がんになり働けなくなった場合の給付金には、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

万が一、がんになってしまい、働けなくなった場合、がん治療にかかる費用以外に、毎日の生活を送るために必要となる費用がどのくらい必要で、どのくらい保険でまかなえば良いのかを想定しておくことが、がん保険を選ぶ際のポイントになります。

食費や家賃、子供の教育費などは、がんになってからも必ず必要なものです。
がんになった場合の収入は、会社員か自営業なのかなどでも違ってきます。
公的制度や勤務先の制度に違いがあるので、この辺りも想定しておく必要があるでしょう。