女性特有のがんと保障 | がん保険の超初心者ガイド










女性特有のがんと保障

若年のがん罹患率は女性の方が高い

がんと言う病気の特性として知っておかなければならないのは、がんにかかる罹患率や発生の部位は、男女によって異なっていることです。

一生涯のうちでがんにかかる確率は男性58%、女性43%というデータがあります。
概ね2人に1人がかかると言うことです。

しかし多くの方が気にしているのは、若いうちにがんになる可能性ではないでしょうか。
高齢であればがんになってもいいわけではもちろんありませんが、若いうちにがんになって働けなくなったり、子育てができなくなったりすることがあったらどうなってしまうのか、と言うのは大きな心配のひとつです。

がんの年齢別の罹患率は下の表の通りです。

これを見ても分かる通り、男性の罹患率は40代から上がり始め50代で急に高くなりますが、一方の女性は30代後半から徐々に上がって行っています。
生涯における罹患率は男性の方が高いのですが、若年時だけを比較すると、女性の罹患率の方が高いのです。

30代後半から40代にかけて、女性は独身であっても結婚していたとしても、大変忙しい時期ではないでしょうか。
子どもがいれば子育てのことが気になって、入院で家を空けることなど考えられないと、治療することさえためらってしまうかもしれません。

もちろん、そんなことなど言ってはいられないので治療は受けなくてはならず、そのためには少なくとも金銭で解決できることは、解決するしかありません。
また独身であったり、共働きである場合には、働けないことで家計への収入が減り、生活の不安も出てきてしまいます。

若いうちにがんにかかる可能性の高い女性は、その時のリスクにまで考えを及ばせて、早いうちにがん保険への加入を検討した方がよいのではないでしょうか。