女性特有のがんの注意点 | がん保険の超初心者ガイド










女性特有のがんの注意点

女性特有のがんは、その他のがんより注意が必要?

乳がん、子宮がん、卵巣がんは女性特有のがんであると言われますが、これらのがんは他のがんと比べて、特に注意が必要ながんなのでしょうか。
女性特有のがんの罹患率、死亡率のデータを見てみましょう。


このように乳がんは罹患率1位、子宮がんは5位というデータになっています。
40歳から64歳までで見ると、乳がんは死亡率の1位、全年代でも5位になります。

このことから、男性に比べて女性は若年のうちにがんにかかる可能性が高く、またそれによって命を失う確率も高いということがわかります。

女性はがん検診などの健康診断は20代から受ける必要がありますし、がん保険などのがんに対する備えも早いうちから準備していた方が安心です。

貯蓄があれば、それで対処できることもありますが、若いうちは貯蓄が十分でないことも多いので、保険で備えることが必要ではないでしょうか。